三国志その後(晋建国~三国統一)

三国志その後(晋建国~三国統一)

【竹馬の友】諸葛一族の生き残り諸葛靚と、ひとりぼっちの司馬炎【燃え尽きた武帝】

今回は、父を討たれ、二つの祖国を滅ぼされた男、諸葛靚と、その友達の司馬炎様のお話です。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【李婉・郭槐】賈充の家庭問題が西晋の国を滅ぼす原因となった?【賈南風・賈荃・賈濬】

数奇な運命で、愛し合ったまま別れた賈充と李婉。これが後に西晋の国を崩壊させる原因となります…。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【皇帝弑逆】晋の重臣賈充はなぜ、伐呉に反対し続けるのか?【賈逵の子】

三国志大詰め、晋の国は重臣の賈充を呉討伐の総司令官に任命。しかし、なぜか賈充はやる気ゼロ。どうして、そうなったのかを考えます。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【孫権の孫】英明だった孫晧は、なぜ呉の国滅亡を回避できなかったのか?【視線恐怖症】

孫策の再来と言われた呉の第4代皇帝孫皓。呉の国滅亡をなぜ回避できなかったのか紹介します。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【破竹の勢い】一介の学者杜預は、なぜ呉を討つ大役を得たのか?【三回の罷免】

呉の国を滅ぼし、三国志を終わらせた男、杜預。今回は、杜畿・杜恕・杜預の三代について紹介します。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【羊祜をめぐる冒険・下】羊祜・三国志最後の英雄【未回収の伏線】

羊祜は、三国志でもっとも遅れてきた英雄といわれます。結果だけを見れば、呉を滅ぼす準備を整えただけの羊祜ですが、晋書・列伝『羊祜伝』には不思議な逸話が多く散見します。三国志最後の英雄羊祜の隠された話を考えます。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【羊祜をめぐる冒険・上】ニート羊祜の三人の母と四人の爺【孔融・蔡邕・辛毗・羊続】

三国志の終盤、西晋の将軍として登場する羊祜。晋の国の荊州軍総司令であり、呉の国の将軍陸抗との敵同士の友情でも有名です。しかし、若き日の羊祜は、野心あふれる、やる気のある人間ではありませんでした。今回は羊祜の前半生。謎のニート生活を考えます。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【八陣図】諸葛亮の兵法の継承者・馬隆のファンタジーな戦いとは?

諸葛亮孔明が考案したと言われる八陣図とよばれる用兵術。謎の多い八陣図を、記録に残る形で使用したのが、今回紹介する馬隆です。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【呉の最後の希望】陸抗と羊祜の『羊陸之交』の真相は?【陸遜の子】

呉の武将陸遜の子の陸抗。 陸抗は、晋の武将羊祜との『羊陸之交』と言われる敵同士の友情で有名です。 果たして、この友情はいかにして生まれたものだったのでしょうか?
三国志その後(晋建国~三国統一)

【蜀のラストサムライ】蜀の将軍霍弋は、南方に蜀の遺臣の国を築く?

263年劉備が作った蜀の国は滅びました。多くの蜀の遺臣は、蜀を滅ぼした魏の国(のちに晋)に仕えましたが、一人南方に活路を見出すものがいました。
タイトルとURLをコピーしました