三国志その後(蜀滅亡まで)

蜀の滅亡~魏蜀最終決戦はいかに始まり、劉禅はいかに諦めたか?

蜀では、成都の朝廷と、漢中の幕府との距離が開いていった。一方、皇帝を弑逆した魏の司馬昭は、蜀攻略を成功させて政権の建て直しを狙う。
三国志その後(蜀滅亡まで)

魏国皇帝弑逆事件! 曹髦は何故に命を散らし、司馬昭は何に蓋をしたか?

劉禅が大将軍姜維を遠ざけ、孫休が丞相孫綝を誅殺した頃、魏の曹髦も親政を目指したのだが…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

諸葛亮の子諸葛瞻はなぜ宦官黄皓の専横をゆるしたのか?~蜀漢の末期

蜀は諸葛亮の死後も内政は安定していたが、諸葛亮の子諸葛瞻が、宦官黄皓に隙を与えてしまう…
三国志その後(蜀滅亡まで)

孫権の子供と親戚の子の暗闘~孫亮、孫休そして孫綝

孫権の死後、権力闘争を勝ち上がった孫峻が急死。その後継には従弟の孫綝が指名された…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

諸葛家の犬の冒険~窮した犬は飼い主を噛む?~諸葛誕の乱

諸葛亮の族弟である諸葛誕は、呉と同盟を結び、司馬昭に反乱を起こすのだが…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

晋王朝の鼓動~若き日の羊祜や賈充はどんな形で司馬家に仕えたのか?

魏では執政であった司馬師が急死。弟の司馬昭は不満分子を政権に吸収しようと試みるが…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

姜維VS鄧艾~蜀滅亡のカウントダウン段谷の戦いとは?その影響は?

北伐による戦果を出した姜維は、ついに大将軍に就任。対する魏は、鄧艾に防備を命じた。
三国志その後(蜀滅亡まで)

なぜ諸葛恪の祟りによって、呉の丞相孫峻は死んでしまったのか?

呉は、諸葛恪を殺した孫峻(そんしゅん)が丞相になった。しかし、孫峻には執政の能力はなく…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

司馬懿と共に戦った毌丘倹は、何故司馬師打倒を叫んだのか?

かつて司馬懿と共に遼東半島を征服し、高句麗討伐まで行った毌丘倹。魏の名将が犯した失策とは?
三国志その後(蜀滅亡まで)

蜀の北伐~諸葛亮を継ぎ、姜維が魏から勝利したのってどんな話?

虎視眈々と力を蓄えていた蜀は、北伐反対派の大将軍費禕が亡くなり、ついに魏に宣戦布告する。
タイトルとURLをコピーしました