広告




なぜ諸葛恪の祟りによって、呉の丞相孫峻は死んでしまったのか?

 にほんブログ村 歴史ブログ 三国志(歴史)へ

 呉は、孫権が指名した執政である諸葛恪を殺し、孫峻(そんしゅん)が丞相になった。しかし、もともと調整役であった孫峻には執政の能力はなく…。

諸葛恪の怪異話

 生前、諸葛恪はオカルトに強い人間として知られていた。

 ある時、孫権のもとに大きな亀が送られてきたが…。

孫権
孫権

ええい、この亀、どれほど煮ても焼いても死なないではないか!!

諸葛恪
諸葛恪

桑の古木で薪を作れば、すぐに煮えます

 言ったとおりにしたら、すぐに美味しく食べることができた。

 また、諸葛恪が丹陽太守だった頃、「傒嚢」という妖怪を退治した時も…。

なんと! 諸葛恪様は神通力をお持ちか!?

諸葛恪
諸葛恪

俺は『白沢図』を読んで、対処法を知っていただけだ

 さらには呉の山奥に住み、たびたび反乱を起こす呪術集団、山越族を帰順させ、四万人の兵士を得た。

孫峻
孫峻

刀も弓も効かない山越の民に、どうやって言うことを聞かせたのですか?

諸葛恪
諸葛恪

公平な政治と強い意志。あとは企業秘密だ!

 その死の間際も、オカルトで…。

諸葛恪
諸葛恪

ずいぶん、今日は犬がじゃれてくるな

 いつまでも離れない飼い犬を振り払って、参内したところを殺されてしまった。

諸葛恪様を殺したら祟りが起きるんじゃないだろうか?

 そんなことを呉の人々は思っていたに違いない。

孫峻の苦悩

 そんな諸葛恪を殺して、丞相の位についた孫峻であったが…。

孫魯班
孫魯班

孫峻、憎い孫和がいつまでも南陽王でいるのは納得いかない。

印綬(王のしるし)を取り返せ!

孫峻
孫峻

今でも軟禁状態ですが。

そこまでいうなら…。

 かくして孫和は印綬を奪われ、自殺してしまう。

孫魯班
孫魯班

よくやった、孫峻。

褒美に抱いてやるぞえ

孫峻
孫峻

そういうわけじゃ。

あわわわわ…。

 孫峻は、孫権の娘である孫魯班と密通。

 さらに孫魯班の命令で毎晩、宮廷の女性とも関係を持つ羽目になる。

 名声も実績もないのに、こんなことをしていたので…。

孫英
孫英

孫峻を丞相から降ろさねば!

 五鳳元年(254)には孫登の子である孫英が、五鳳2年(255)には将軍で親類の孫儀がそれぞれ孫峻暗殺を企てた。

 なんとか未然に防ぐことができたが…。

孫峻
孫峻

まずいな。このままでは殺される(いろんな意味で)

 孫峻は、魏の国境近くである広陵に城を築き、そこに駐屯しようと試みる。

孫魯班
孫魯班

逃げようとするなど愚かな。

もうすでに私たちは切っても切れない関係…。

孫峻
孫峻

はい、すいません…

 各方面から反対され、あえなく築城を断念した。

諸葛恪に殴られる夢

 五鳳3年(256)蜀の姜維が魏に侵攻する。

文欽
文欽

孫峻様、今こそ我らも魏を攻めるべきです

孫峻
孫峻

そうだな。私も汚名返上のチャンスかもしれない

文鴦
文鴦

やった!! また暴れられるぜ!

 魏から亡命してきた文欽の勧めもあり、孫峻は魏の徐州・青洲へと進軍する。

呂拠
呂拠

前祝いです! 今日は私の陣でたくさん飲みましょう!!

文鴦
文鴦

やったね! 朝まで飲むぜ!

 しかし、呂拠の陣屋が乱れなく統率されている姿をみて、孫峻は気分が悪くなる。

孫峻
孫峻

…あれ、こいつら私のことを殺そうとしているのか???

 疑心暗鬼になった孫峻は、自分の陣に戻る。

 その夜…

諸葛恪
諸葛恪

孫峻、能力もないのに俺を殺しやがって!

地獄から迎えに来たぞ!!

孫峻
孫峻

ゆ、許してくれ。

もう少しできると思ったんだ…。

諸葛恪
諸葛恪

黙れ! 身の程をわきまえろ!!

 孫峻は諸葛恪に殴られる夢をみて、目が覚める。

孫峻
孫峻

夢だったのか…。

しかし、リアルな夢だった

 呉へ戻れば暗殺の危機(&孫魯班)、前に進めば魏の大軍、そのままいても裏切りの恐怖…。

孫峻
孫峻

ごめんなさい、孫権様

すまん、諸葛恪。

 ついに孫峻は胸の病で急死してしまった。

どんどん追い込まれていく状況を、孫峻は諸葛恪の祟りと感じたのかもしれないね

諸葛恪
諸葛恪

能力もないのに上に立った。

孫峻の自業自得だ。

こんな心の弱い人を追い込んだ人間も悪いと思うけどね

諸葛恪
諸葛恪

そうだな。誰かは知らないが

  つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました