広告




魏国皇帝弑逆事件! 曹髦は何故に命を散らし、司馬昭は何に蓋をしたか?

 にほんブログ村 歴史ブログ 三国志(歴史)へ

 蜀の劉禅りゅうぜんが大将軍姜維きょういを遠ざけ、呉の孫休そんきゅうが丞相孫綝そんちんを処断。同じ頃、魏の皇帝曹髦そうぼうも親政を行うことを目指しますが…。

三国志 ~司馬懿 軍師連盟~
司馬懿 (しばい) は華佗 (かだ) を呼び、妻・張春華 (ちょうしゅんか) の出産に立ち会わせる。難産のため、華佗が腹を開き出産させるも、母子ともに健康。司馬家は喜びに包まれた。その後、校事府の者に呼ばれ華佗は司空府へ曹操 (そうそう) の病の診察へ向かう。

魏国皇帝曹髦の人となり

 曹髦が皇帝になった時、司馬師しばし鍾会しょうかいに人物鑑定をさせました。

鍾会
鍾会

才能は曹植様に、武勇は曹操様に似ています

司馬師
司馬師

本当にそうならスゲーけどな

 その後、群臣たちと目通りすることもなく、近臣と討論会を繰り広げる毎日でしたが…。

荀顗
荀顗

歴代の天子では漢の劉邦が最高でしょ

曹髦
曹髦

いや、朕は夏王朝の少康が一番だと思う

鍾会
鍾会

少康…。夏王朝を再興させた王ですか

 曹髦が言った夏王朝の少康が最高の君主という意見を、鍾会が編集し、本にしました。

 また、ある時、井戸の中に竜が潜んでいるという目撃談がありました。

 それを聞いて、曹髦はため息をついたそうです。

曹髦
曹髦

井戸の中の龍…。まるで朕のようじゃ

王沈
王沈

はは、何を言われますか

鍾会
鍾会

(やはり曹髦様は親政を望んでおられる)

曹髦挙兵の顛末

 その頃、司馬昭しばしょうは次々と人材をスカウトし続けていました。

山濤
山濤

やはり嵆康は説得できませんでした

司馬昭
司馬昭

仕方ない。せめて阮籍だけでも取り込みたいけど…

 曹髦の周りからも、側近の司馬望しばぼうが征西将軍として雍州ようしゅうに赴任するなど、人が徐々にいなくなります。

 そして、甘露5年(260年)5月7日…。

曹髦
曹髦

司馬昭の心は道行く人も知っている。朕はこのまま禅譲するつもりはない

王沈
王沈

へ、陛下。いきなり何を…。

曹髦
曹髦

今から司馬昭を討つ! 付いてきてくれ

王経
王経

陛下、お待ちを! 無理でございます!!

 その場にいた三人のうち、王業・王沈おうぎょう おうちんは逃げましたが、王経おうけいは曹髦を引き留め続けます。

 しかし説得も聴かず、曹髦は数百人の近侍とともに挙兵。司馬昭の館を目指しました。

曹髦
曹髦

我は天子である! 殺せば七代先まで祟られよう!

賈充
賈充

偽の皇帝に祟りなどない! 責任は私がとる! この者を殺せ!!

成倅
成倅

賈充様、マジで言ってるんですか!

成済
成済

もう知らん! やってやる、偽皇帝!!

 かくして賈充かじゅうの軍勢によって、曹髦は討ち取られてしまいました。

司馬家の悪行

 曹髦殺害の報はすぐに洛陽中に流れます。

司馬孚
司馬孚

なんと…。おいたわしや、こんなことに

王祥
王祥

私たちが不甲斐ないばかりに…

 都の混乱を抑えるべく、司馬昭は親友陳泰ちんたいに会いにいきました。

陳泰
陳泰

賈充を腰斬しよう。そうでないと示しがつかない

司馬昭
司馬昭

しかし、賈充はなくてはならない人材…。それ以外に方法はないか?

陳泰
陳泰

それ以上の方法はあるが…

司馬昭
司馬昭

あ! 僕が自害するということか…

 結局、司馬昭は賈充を殺さず、実行犯成済せいさい成倅せいそつを殺して茶を濁しました。

成済
成済

俺たちは賈充にやらされただけなのに

成倅
成倅

天よ! 司馬昭と賈充の一族に報いを!

賈充
賈充

すまんな。まだ俺は必要とされているらしい

 さらに、結果として皇帝に付き従った王経も処刑されました。

王経
王経

仕官するなと母上に言われた時にやめておけばよかった

陳泰
陳泰

いや、お前は立派だったぜ…

 その後、陳泰も血を吐いて亡くなりました。

 最終的に、曹髦は皇太后を葬ろうとした罪で亡くなったとされ、司馬昭の政権が揺らぐことはありませんでした。

羊祜
羊祜

ところで鍾会はこの時、何をしていたの? 曹髦様とも親しかったのに

鍾会
鍾会

貴様のようなアマちゃんが知るところではない

羊祜
羊祜

外の情報が入ってこないはずなのに、曹髦様が『道行く人も知ってる』のを知ってるのは変だと思うんだよね

鍾会
鍾会

貴様だって詩を送ったりしただろう。貴様が伝えたのではないか!

 つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました