広告




【羊祜をめぐる冒険・上】ニート羊祜の三人の母と四人の爺【孔融・蔡邕・辛毗・羊続】

 にほんブログ村 歴史ブログ 三国志(歴史)へ

 三国志の終盤、西晋の将軍として登場する羊祜ようこ

 晋の国の荊州軍総司令であり、呉の国の将軍陸抗りくこうとの敵同士の友情でも有名です。

 しかし、若き日の羊祜は、野心あふれる、やる気のある人間ではありませんでした。

羊祜さんって、ずっとニート生活だったんですか?

羊祜
羊祜

そう! 35歳まで職歴なしです

実家が裕福だから働かずにすんだのかな?

陳寿
陳寿

羊祜が仕官しなかったのは、母親と祖父について考えなければなりません

 今回は羊祜の前半生。謎のニート生活を考えます。

蒼天航路 7巻 | 漫画:王欣太 原案:李學仁 | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan|まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならebookjapan
蒼天航路 7巻。無料本・試し読みあり!魔王・董卓(とうたく)の死によってさらに加速する大乱世。曹操(そうそう)は、エン州(えんしゅう)の地で再び勢いを盛り返し、猛り狂う青州黄巾党(せいしゅうこうきんとう)の大軍団と対峙していた。曹操の...まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売サ...

羊祜と孔融

 まず、羊祜が生まれる以前の話です。

 羊祜の父羊衜ようどうは、孔子こうしの子孫である孔融こうゆうの娘と結婚しました。

羊祜の義理のおじいちゃん、孔融ってどんな人なの?

陳寿
陳寿

孔融はいわゆる建安七子の筆頭。後漢王朝に仕え、劉備を徐州刺史に推したり、曹操を批判したりしています

曹操を批判して大丈夫なの?

陳寿
陳寿

もちろんダメです

 建安13年(208年)孔融は、曹操そうそうを批判する発言をしたとして、妻子共々処刑されました。

 この時、年端もゆかない子供も巻き込まれ、孔融の子孫は全て絶えたと言われています。

孔融一家、全滅…

陳寿
陳寿

さすがは乱世の姦雄、曹操ですね

それじゃ羊祜の義理のお母さんはどうなったの?

陳寿
陳寿

おそらく離縁され、処刑されたものと思われます

あまりにもやりきれないよ…。救いはないの?

陳寿
陳寿

救いと言えるか分かりませんが、羊衜と孔氏には、羊発という子供がいます

 唯一、孔融の血統は、孫の羊発ようはつ(羊祜の兄)にだけ残りました。

羊発さんはその後どうなったの?

陳寿
陳寿

命の危機にさらされるのですが。それは次の章でお話しします。

羊祜と蔡邕

 羊衜は孔氏と離別後、蔡氏と再婚。羊承ようしょう羊徽瑜ようきゆ、そして羊祜の三人の子供に恵まれます。

 しかし、流行り病により羊衜が亡くなり、羊発、羊承の二人も罹患しました。

蔡氏
蔡氏

病が重く、二人ともは助けられません。私は羊発殿の看病に専念します

羊祜
羊祜

ど、どうして母上…

蔡氏
蔡氏

羊発殿は、孔融殿の血を受け継ぐ唯一の方です。羊承も分かってくれるはず…

羊祜
羊祜

羊承兄さんが…、羊承兄さんが…!

 母の蔡氏の看病により羊発は回復しますが、羊承は亡くなりました。

 実の子を見捨てるという非情な判断を下した蔡氏の父親が、後漢の霊帝れいてい献帝けんていに仕えた蔡邕さいようです。

陳寿
陳寿

羊祜の母方の祖父蔡邕は、前漢の司馬遷に匹敵する碩学でした

知ってる! 蒼天航路に出てた

陳寿
陳寿

蔡邕は、暴君とよばれた董卓になぜか好かれましたが、その後クーデターを起こした王允によって獄に繋がれ、亡くなっています

三国志の時代、天寿を真っ当するのって本当に難しいね

 ちなみに羊祜の母は匈奴に連れ去られた過去を持つ蔡文姫さいぶんきとも言われます(伯母説が有力ですが)。

 だとすると、羊祜の母方は非常に数奇な運命の家系と言えるでしょう。

陳寿
陳寿

このような父祖の積み重ねが、羊祜をニートにしたのではないかと思うのです

うまくいった先祖はいないの?

陳寿
陳寿

いますよ。では、次の章でお話しします

羊祜と辛毗

 父の没後、羊祜は叔父羊耽ようたんに養われました。

 羊耽の妻は辛憲英しんけんえい。その父は、袁紹えんしょうに仕えた辛毗しんぴです。

辛毗ってどんな人? 曹操の敵だった袁紹に仕えたということは、やっぱり粛清されたの?

陳寿
陳寿

いえ、彼は袁紹軍の仲間割れから曹操に仕えることになり、結果として天寿を真っ当しました

じゃあ、人当たりのいい感じの方だったんだね

陳寿
陳寿

いや、違います。むしろ空気はまるで読めません

た、確かに空気読めなそう…

 曹操が亡くなると、辛毗のKYな物言いが、むしろ魏の上層部に受け入れられます。

 例えば、五丈原の司馬懿しばいの陣に、大将軍軍師として辛毗が従軍したエピソードがあります。

諸葛亮
諸葛亮

魏軍はまるで戦おうとせず、男らしくない。女物の服飾品でも送り付けてみましょう!

 諸葛亮しょかつりょうと司馬懿の最終決戦である五丈原の戦いは、まさに名人同士の対局に似たものがあり、先に仕掛けた方が敗れるのが両者とも分かっていました。

 そこで諸葛亮は女物の髪飾り等を送り、攻撃せざる得ないほどに司馬懿を挑発しました。

司馬懿
司馬懿

おのれ、孔明! かくなる上は討って出るしかあるまい(本当は出たくないけど)

辛毗
辛毗

ダメです! 皇帝陛下より出陣の許可は出ていません

司馬懿
司馬懿

そうは言っても、皆は戦う気満々だ。それでもダメなのか!

辛毗
辛毗

ダメ! 絶対ダメ!

司馬懿
司馬懿

辛毗殿がそういうのでは仕方ない。出陣は取りやめだ(ありがとう、辛毗!)

諸葛亮
諸葛亮

辛毗、マジうぜー!

 司馬懿の陣の出口で黄金のまさかりをもった辛毗が立ちふさがり、出撃を阻止しました。

 辛毗は皇帝の側近に嫌われ、三公になれなかったものの、九卿のひとつ衛尉まで栄達したのでした。

 また、辛毗の娘辛憲英も、同じように歯に衣着せぬ物言いをする女性でした。

 のちに、羊祜が辛憲英に会いに行った時のエピソードがあります。

羊祜
羊祜

今度の蜀を攻める総大将に、鍾会が決まりました

辛憲英
辛憲英

鍾会? 絶対裏切るよ、あいつ

羊祜
羊祜

叔母上、言葉が過ぎます…

 鍾会しょうかいが裏切ることを看破し、蜀攻めに参加する息子に、鍾会に気を付けるように言い含めています。

 叔父の羊耽の家は魏の朝廷と水が合い、羊耽は九卿のひとつ太常まで出世し、羊耽の長男羊瑾ようきんは尚書右僕射に栄達しました。

羊耽一家と関わって、羊祜の考えた方は変わったかな?

陳寿
陳寿

まあ、なかなか人は変われない生き物ですから…

魅力度100のニートな羊祜

 成長した羊祜は、泰山太守の夏侯威かこういに認められ、夏侯覇かこうはの娘を嫁にしました。

 その後、羊祜は県庁・州府・中央官庁からも官途に就くように要請されますが、すべて断ります。

 ついには時の最高権力者、大将軍曹爽そうそうにまで声をかけられました。

王沈
王沈

羊祜、俺は曹爽様の元で働くつもりさ。もちろん君も来るんだろ?

羊祜
羊祜

人に仕えるのは大変なことだからね。僕はごめんだよ

 羊祜は、大将軍の出仕要請も断ります。後に、曹爽が失脚したので、皆は羊祜に先見の明があると思いました。

王沈
王沈

曹爽様がポシャって俺もクビになっちまった。羊祜は人を見る目があったよ

羊祜
羊祜

違うよ。僕はただ働きたくなかっただけさ

 この時、舅の夏侯覇は曹爽派だったため、命の危険を感じて蜀に亡命しました。

 普通は離縁するところですが、羊祜は夏侯覇の娘と別れません。

曹爽の失脚後、ほかの人は離婚してるのに、羊祜さんはなぜ?

羊祜
羊祜

働く気がないんだから、偉い人の顔色とか関係ないじゃん

 同じ頃、羊祜の姉羊徽瑜は司馬懿の長男司馬師しばしの元へ嫁に行き、羊祜の兄の羊発は魏に仕えて都督淮北護軍にまで出世しました。

 羊祜は首都の洛陽に行く機会があったようで、途中、野王という場所の県令(県知事)の郭奕かくえきに出会います。

郭奕
郭奕

あれが噂の羊祜か。どれほどの人間か見極めてやるぜ!

ヤな奴!

陳寿
陳寿

郭奕の伯父の郭淮は、羊祜の岳父の夏侯覇の政敵。やむを得ません

 羊祜に会った郭奕は、羊祜に好印象を持ちます。

郭奕
郭奕

まあ、俺ほどじゃないが、羊祜はなかなかの男だな

やっぱりヤな奴!

 何度か羊祜に会ううちに、郭奕は羊祜の凄さに気が付きます。

郭奕
郭奕

もしかすると、羊祜は俺よりもはるかに優れているのかも!

ようやく気付いたか

 かくして、郭奕は県令の仕事を捨てて、羊祜と一緒に旅に出てしまいます。

郭奕
郭奕

羊祜は本当に素晴らしい。職を失っても、ずっと話がしたい…!

仕事はちゃんとやりなさいよ!

 ちなみにこの時、羊祜は顔回がんかい(孔子の一番弟子)と評されました。

 これは兄の羊発が孔融の孫であるのと関係してる気がしますが、顔回という誉め言葉はよく使われるので違うかもしれません。

羊祜と羊琇

 羊祜はニートライフを満喫していましたが、兄の羊発と母の蔡氏が立て続けに亡くなります。

 一方、その頃、羊耽の子の羊琇ようしゅう(羊祜のイトコ)は司馬炎しばえんの側近にまでのし上がっていました。

羊琇
羊琇

俺様がより高みに立つためには、羊一族の結集が必要! 従兄の羊祜にも働いてもらわなくては!

あ、こいつ悪いやつだ!

羊琇
羊琇

羊祜兄さん、司馬昭様に推薦したので、洛陽までちゃんと来てね

羊祜
羊祜

マジで余計なことを…

 羊祜は皇帝の車で迎えに来られたため、渋々洛陽で働くこととなりました。

 ですが、初めは司馬派閥を仕切っていた鍾会と反りが合わず、うまくいきません。

 しかし、鍾会が亡くなると、従事中郎(参謀)を任せられるなど徐々に権力の中枢に絡んできます。

羊琇
羊琇

司馬炎様、私が教えた通りに父上にお話しするのです

司馬炎
司馬炎

わ、わかった!

 一方、羊琇は司馬炎のブレーンとなり、司馬炎が太子になるのに大きく貢献しました。

 かくして晋王朝が興り、司馬炎が皇帝になると、二人とも散騎常侍(皇帝の側近)に就くのでした。

 そこで羊祜は晋中軍の再編、新法の制定などの重要案件に関わります。

司馬炎
司馬炎

よし、羊祜! 君に決めた。荊州軍総司令に任命する

羊琇
羊琇

え! 私じゃないんですか!?

羊祜
羊祜

やれやれ…

 皇帝司馬炎は、呉を滅ぼすために羊祜を都督荊州諸軍事・仮節に任命しました。

羊祜と羊続

 兗州泰山郡の羊祜と荊州では関係ないように見えますが、実は羊氏と荊州は関りがありました。

陳寿
陳寿

実は、羊祜の父方の祖父羊続は、荊州の南陽郡の長官だったのです

羊続さんってどうな人なの?

陳寿
陳寿

羊続は、揚州や荊州の賊を退治した、後漢末の名将といえる方です

ああ、これはダメだ、これはダメだ!

 羊祜の祖父羊続ようぞくは揚州の廬江太守となり、黄巾党退治などで名を馳せます。

 その実績が買われ、趙慈ちょうじという賊が暴れまくる南陽郡に転任しました。

羊続は、みすぼらしい身なりで南陽郡に潜入し、良い人間と悪い人間を事前に調べ上げました

こんな格好ではないと思うけど…

 南陽郡の情勢を事前に調べた羊続は、着任するとただちに軍を発して、趙慈を討ち滅ぼしました。

 また投降した賊は、すべて許しました。

 南陽郡は人口が多く、お金持ちも多かったため、役人でも派手な服装をする人が多くいました。

 そこで、羊続は常に破れた衣服を身に着け、粗末な食事をとり、ぼろぼろの馬車に乗っていたと言われます。

羊続は、役所の人が魚を持ってきても受け取らず、木につるしておいたそうです

わいろ政治に反抗したんだね

また、羊続の妻や子が仕送りを取りに来ても、何もないと帰したこともあります

仕送りはしてあげた方がいいんじゃないかな…

 中平6年(189年)羊続は、三公のひとつ大尉(国防大臣)に推薦されます。

 しかし、当時三公に任命された者はお礼として一千万銭を納める事になっていました。

三公に指名された羊続は『自分が持ってるのは、粗末な服一着だけです』と皇帝の使者に言って、礼金を断ります

皇帝の使者も困ったろうな…

 かくして、羊続は大尉になれず、代わりに太常という役職に任命されます。

 しかし、洛陽に向かう途中、病で亡くなってしまいました。

陳寿
陳寿

とはいえ、洛陽に行けば董卓が待ってますし、南陽にとどまれば袁術&孫堅が攻めてきます。いい死に時だったのかもしれません

死に時ですか…

陳寿
陳寿

ちなみに、羊続の代わりに大尉になった劉虞も清貧を売りにしていましたが、死後に妻妾が贅沢していたとバレて評価を下げました

本当に、三国志の時代は生きるのも死ぬのも難しい…

 つづく。

羊をめぐる冒険 | 村上春樹 | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan|まんが(漫画)・電子書籍をお得に買うなら、無料で読むならebookjapan
羊をめぐる冒険。無料本・試し読みあり!「羊のことよ」と彼女は言った。「たくさんの羊と一頭の羊」「羊?」「そして冒険が始まるの」 故郷の街から姿を消した〈鼠〉から〈僕〉宛に、ある日突然手紙が届く。同封されていた一枚の写真が、冒険の始まり...まんがをお得に買うなら、無料で読むなら、品揃え世界最大級のまんが・電子書籍販売...

コメント

タイトルとURLをコピーしました