三国志の呉に関するタグです。

三国志その後(晋建国~三国統一)

【竹馬の友】諸葛一族の生き残り諸葛靚と、ひとりぼっちの司馬炎【燃え尽きた武帝】

今回は、父を討たれ、二つの祖国を滅ぼされた男、諸葛靚と、その友達の司馬炎様のお話です。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【孫権の孫】英明だった孫晧は、なぜ呉の国滅亡を回避できなかったのか?【視線恐怖症】

孫策の再来と言われた呉の第4代皇帝孫皓。呉の国滅亡をなぜ回避できなかったのか紹介します。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【破竹の勢い】一介の学者杜預は、なぜ呉を討つ大役を得たのか?【三回の罷免】

呉の国を滅ぼし、三国志を終わらせた男、杜預。今回は、杜畿・杜恕・杜預の三代について紹介します。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【羊祜をめぐる冒険・下】羊祜・三国志最後の英雄【未回収の伏線】

羊祜は、三国志でもっとも遅れてきた英雄といわれます。結果だけを見れば、呉を滅ぼす準備を整えただけの羊祜ですが、晋書・列伝『羊祜伝』には不思議な逸話が多く散見します。三国志最後の英雄羊祜の隠された話を考えます。
三国志その後(晋建国~三国統一)

【呉の最後の希望】陸抗と羊祜の『羊陸之交』の真相は?【陸遜の子】

呉の武将陸遜の子の陸抗。 陸抗は、晋の武将羊祜との『羊陸之交』と言われる敵同士の友情で有名です。 果たして、この友情はいかにして生まれたものだったのでしょうか?
三国志その後(晋建国~三国統一)

【蜀のラストサムライ】蜀の将軍霍弋は、南方に蜀の遺臣の国を築く?

263年劉備が作った蜀の国は滅びました。多くの蜀の遺臣は、蜀を滅ぼした魏の国(のちに晋)に仕えましたが、一人南方に活路を見出すものがいました。
三国志その後(蜀滅亡まで)

蜀二代皇帝劉禅が家臣を驚愕させた問題発言とは? 蜀滅亡の後日談

劉備が創り、諸葛亮が守った蜀の国がついに滅亡。家臣団をよそに、劉禅は魏の国を満喫する。
三国志その後(蜀滅亡まで)

孫権の子供と親戚の子の暗闘~孫亮、孫休そして孫綝

孫権の死後、権力闘争を勝ち上がった孫峻が急死。その後継には従弟の孫綝が指名された…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

諸葛家の犬の冒険~窮した犬は飼い主を噛む?~諸葛誕の乱

諸葛亮の族弟である諸葛誕は、呉と同盟を結び、司馬昭に反乱を起こすのだが…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

なぜ諸葛恪の祟りによって、呉の丞相孫峻は死んでしまったのか?

呉は、諸葛恪を殺した孫峻(そんしゅん)が丞相になった。しかし、孫峻には執政の能力はなく…。
タイトルとURLをコピーしました