三国志その後(蜀滅亡まで)

諸葛亮の子諸葛瞻はなぜ宦官黄皓の専横をゆるしたのか?~蜀漢の末期

蜀は諸葛亮の死後も内政は安定していたが、諸葛亮の子諸葛瞻が、宦官黄皓に隙を与えてしまう…
三国志その後(蜀滅亡まで)

姜維VS鄧艾~蜀滅亡のカウントダウン段谷の戦いとは?その影響は?

北伐による戦果を出した姜維は、ついに大将軍に就任。対する魏は、鄧艾に防備を命じた。
三国志その後(蜀滅亡まで)

蜀の北伐~諸葛亮を継ぎ、姜維が魏から勝利したのってどんな話?

虎視眈々と力を蓄えていた蜀は、北伐反対派の大将軍費禕が亡くなり、ついに魏に宣戦布告する。
三国志その後(蜀滅亡まで)

斜陽の蜀漢~なにゆえ蜀の宰相である費禕は暗殺されたのか?

魏では司馬一族と曹一族が徐々に分断されていった。しかし、その隙に乗じたい蜀漢は…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

諸葛亮の死後、蜀はどんな政治をおこなったのか?~王平の活躍

蜀では孔明の死後、蒋琬が大司馬に就任。孔明と同じように漢中で政務を執り行っていたが…。
三国志その後(蜀滅亡まで)

三国志クイズ~蜀の諸葛亮の死後、誰が後継者になったのか?

ついに死んでしまった諸葛孔明。孔明の跡を継ぐのは、いったい誰になるのか?
三国志その後(蜀滅亡まで)

魏と呉の皇帝同士が戦った第四次合肥の戦いとは? 曹叡VS孫権

諸葛亮が司馬仲達と五丈原でにらみ合いをしていたころ、魏と呉の国境の町である合肥でも戦争が起こっていた。
三国志あらすじ

分かりやすさ重視の三国志演義6(白帝城の遺言~五丈原の戦い)

三兄弟のうち、関羽、張飛と死んでしまい、劉備もまた病に倒れてしまう。いよいよとなり、孔明が枕元に呼び出された。
三国志あらすじ

分かりやすさ重視の三国志演義5(孫権の裏切り~夷陵の戦い)

劉備軍団が中原に攻めのぼったその頃、揚州では孫権が動き出した。
三国志あらすじ

分かりやすさ重視の三国志演義4(赤壁の戦い~劉備の漢中王就任)

劉備たちの逃げ込んだ先の揚州(中国南東部)には、第三の男、孫権が待っていた。
タイトルとURLをコピーしました